【受賞速報】 

インターナショナル ワイン チャレンジ2022

「SAKE部門」にて、4アイテムが【金賞】受賞致しました。

▼受賞酒一覧


【Gold】
・愛宕の松 別仕込本醸造
・伯楽星 純米大吟醸 ひかり
・零響2021
・残響2021

【Silver】
・愛宕の松 県内本醸造
・愛宕の松 鮮烈辛口
・愛宕の松 特別純米
・伯楽星 純米大吟醸 東条秋津山田錦
・NIIZAWA2021

【Bronze】
・伯楽星 純米大吟醸 社下久米山田錦
・伯楽星 特別純米
・NIIZAWA KIZASHI2021

【Commended】
・愛宕の松 大吟醸 出品酒
・あたごのまつ ひと夏の恋
・あたごのまつ 純米大吟醸 吟のいろは
・あたごのまつ 純米大吟醸 白鶴錦
・あたごのまつ ささら 純米吟醸
・愛宕の松 スパークリング
・Gekko
・伯楽星 純米吟醸
・飛龍


今回も出品させていただいた全部門にて賞を頂き、大変光栄でございます。

本醸造年度での酒造りも終盤に差し掛かっておりますが、

最後まで全力で取り組んでまいります。



▼「インターナショナルワインチャレンジ2022」とは?

世界最大規模のワイン品評会「IWC」は毎年ロンドンで行われ、"世界でもっとも大きな影響力をもつ"といわれるワインのコンテストです。
「SAKE部門」は2007年に誕生し、以来、SAKE部門の受賞酒は国内外で注目され、IWCは日本酒の海外進出における重要なイベントとして、その価値を高めてきました。

2022年大会は、4月24日・25日・26日・27日にSAKE部門の審査がロンドンにて行われました。
SAKE部門は「普通酒」「純米酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」「本醸造酒」「吟醸酒」「大吟醸酒」「スパークリング」「古酒」の9カテゴリーに分けられ、462社(含む海外11社)1732銘柄(含む海外24銘柄)が出品されました。
日本酒部門はカテゴリーごとに14か国・総勢53名の審査員によるブラインドテイスティングが行われ、その成績によりメダル表彰酒が発表されました。(金メダル・銀メダル・銅メダル・大会推奨酒)

▼IWC公式HP

https://www.internationalwinechallenge.com/canopy/search_results?wpcat=SakeTab.S&Challenge_Year=2022_993276&Medal=&Score=&Vintage=&Sake_Category=&Country=&Prefecture=&Prodq=&SakeNam=