伯楽星

Hakurakusei

伯楽星とは「千里の馬は常にあれども、伯楽は常にあらず」という逸材を見出す眼力の重要性を説いた言葉と、伯楽が育てた名馬が天に昇ったという地元に残る伝説に由来。
「伯楽」は中国周代を生きた、馬を見分ける名人。消費者に品質を見抜いていただこうという想いが込められています。自社あたごのまつ、いま流行の日本酒よりも糖度を1/2程度低く設定しているのが特徴です。

Menu