愛宕の松(あたごのまつ)

Atagonomatsu

創業当時から続く銘柄であり、地元でも親しまれてきた「愛宕の松」。
火の神様を祀る「愛宕神社」にて、摂政宮殿下(後の昭和天皇)の御前講演の記念に命名されました。
『荒城の月』の詩人・土井晩翠氏が「館山の頂開く酒むしろ愛宕の松の薫いみじく」と詠むほど愛飲したと伝わっている、新澤醸造店創業からの銘柄です。

Menu